宮本大人のミヤモメモ(続)

漫画史研究者の日常雑記。はてなダイアリーのサービス停止に伴いこちらに移転。はてなダイアリーでのエントリもそのまま残っています。

『江口寿史 KING OF POP Side B』刊行されました!

 2015年10月から16年2月にかけて明治大学米沢嘉博記念図書館で開かれた「江口寿史展 KING OF POP Side B」(写真撮影フリーだった展示の感想ツイートのまとめはこちら。 http://togetter.com/li/886025 )を書籍化した『江口寿史 KING OF POP Side B』が、10月25日、青土社から発売になりました!

江口寿史 KING OF POP Side B

江口寿史 KING OF POP Side B

 展示のキュレーションをさせてもらった私が、そのまま編者をさせていただいて、コンパクトな展示空間に頭おかしいんじゃないかってくらいギチギチに詰め込んだ高密度展示を、その高密度感のまま、A5判144ページのコンパクトな本の中に再現した本になっております。

小・中学時代の落書きノート、デビュー当時のマンガから「パイレーツ」「ひばりくん」などの貴重な原画に加え、初出誌や関連資料を多く用いて、それぞれの仕事が置かれた時代の文脈を明らかにする。マンガ家・江口寿史の軌跡をたどる、ファン必読の一冊。


【目次】

第1章 それは『ジャンプ』からはじまった
第2章 ひばりくんと白いワニ
第3章 時代の気分を<編集>する
第4章 This is Rock! 音楽と江口寿史

おまけ 江口寿史による江口寿史年代記

 とんぼの本シリーズやふくろうの本シリーズのように、この種のコンパクトなオールカラーのビジュアル本はたくさん先例がありますが、この高密度ぶりはちょっと見たことがないのではと思います。
 私が全ページ、インデザインで、各ページにどの図版とどの解説テキストがそれぞれどういう大きさ・位置で入るかレイアウトしたものをもとに、デザイナーの川名潤さんが、「こ、これがデザイナーの…力…っ!」と驚かされる仕事ぶりで、これぞまさに「ポップ」というべき本に仕上げてくれました。
 表紙は江口さんが、この本の内容にふさわしいイラストって結局どんなんだ…?っていう難問に、「3頭身じゃない先ちゃん」という見事な解答を出してくださいました。そう、全部この人が生み出してきたものなんです。
 まえがきで江口さんも書かれてるんですが、「パイレーツ」や「ひばりくん」直撃世代は「その後」の仕事をフォローできていないことが多く、また逆に近年のイラスト仕事で江口さんを知った若い世代はマンガ家江口寿史のすごさを知らないという状況がある中、デビュー前から今日に至る、江口さんの仕事の歩みをたどることのできるガイドブックになっているのではないかと思います。
 基本的には仕事を歴史順にたどっているのですが、4章は音楽との関わりという切り口で江口さんの仕事を通覧しなおすということをしていて、江口さんのディープなファンのみなさんにも楽しんでいただけるのではないかと思っています。
 去年出た画集と今年の初めに出たユリイカの総特集江口寿史と合わせて読んで・見て・いただければ、江口寿史の仕事の広がりとその意味が、ほぼ見渡せると思います。


 刊行を記念してたくさんのサイン会、そして私も登壇するトークイベントなどが用意されています。
 青土社のサイトにイベント情報のまとめページがありますので、そちらをチェックしていただければと思います。


http://www.seidosha.co.jp/topics/index.php?id=52&year=2016


 また、アマゾンで買いたくないよーという方は青土社のサイトから各ネット書店へのリンクがまとめられています。


http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=2979


 担当編集者の(F)さんは、微に入り細にわたる校閲作業を粘り強く行うと同時に、江口さんの原稿を待つという高難度なタスク(笑)をこなしてくださいましたし、デザイナーの川名さんは上でも触れたように煩雑極まる作業を見事に遂行してくださいました。そして江口さんは、私の作業に一切口出しせず、素晴らしい表紙と(編者にとっては)感動的なまえがきをくださいました。


 …てことは、これでこの本売れなかったら完全に俺の責任じゃん…!ってこないだ気付いて膝ガクガクしたんですが、今はもう俎板の上の鯉の心境で、みなさんのご感想を待つばかりです。とりあえず、手に取ってぱらぱら見てもらえればありがたいです!
 よろしくお願いします!

キッズ9人と劇場版ドラえもん

今日の午前は、恒例の、三男の幼稚園時代からの友達とその兄弟連れて吉祥寺オデヲンで劇場版ドラえもんを観る会、でした。今回はその友達の一人の妹ちゃん(4歳)が映画館デビューってことでそちらのお母さんも来てくれたので、大人2名でしたから、ほんとに楽ちんでした。

過去日記を見ると、ここ数年はクオリティ高くて良かったって感想が続いてますが、今年の「ドラえもん のび太の月面探査記」は、それにもまして良かったと思います。

普通にちょっとグッと来るところが二、三カ所あったんですよね。辻村深月脚本ってことで話題ですが、なるほど脚本に力があるとここまで違うのかって思いました。

演出も作画もそれに応えるクオリティで、素晴らしかったです。

前半細かいギャグとかアクションとかを挟んでないのに、劇場の子供たちがちゃんと集中して見てて、お話と丹念なアニメート自体の力で引っ張って、後半どんどん盛り上げていくところでは手に汗握らせつつ、所々で爆笑もとるっていう。

何がよかったって、前半の最後で月でできた友達が連れ去られた後、助けに行って盛り上がる後半の前に、いったんのび太たちが地球に戻って、準備をするっていうくだりがあるんですけど、自分たちは死ぬかもしれない危険を冒して友達を助けに行くんだっていう決意を、のび太たちがひとりひとりそれぞれの場所でするんですけど、こういう「タメ」をしっかり作るっていうのが、すごくよくて。

楽しい!面白い!だけじゃなくて、大人が観てもしみじみよかったなと思える作品に仕上がってました。おすすめです。

 

映画見終わった後は、お母さんたちと子供たちは井の頭公園の西園でお弁当食べて遊び、自分は離脱して、庭の芝生が生えてない所に芝生を貼る準備をホームセンターなどに行ってあれこれしました。

 f:id:hrhtm1970:20190317214108j:plain

f:id:hrhtm1970:20190317213955j:plain

 

西園に咲いてた早咲きの桜です。

夜はみんなで「いだてん」観て、三男と将棋、でした。三男は今日図書館でひふみんの子供向けの詰将棋本を借りてきて、ハマってました。「ジャングル大帝」も少しずつ読み進めているとのこと。次男は「漂流教室」が怖すぎていったん読むのやめてるそうです(笑)。

 

 

ゆるゆる過ごす日曜日

今日は午後から曇ってくる予報だったのもあって、庭の芝生の手入れくらいしか予定を決めていなかったんですが、午後次男も三男も友だちと遊びに行ったので、ゆるっと過ごす休日になりました。

 

ちなみに次男が昨日から「漂流教室」、三男が今日から「ジャングル大帝」を読んでます。何かの流れでオクサンが次男に「漂流教室」の話をして、読みたいってなったので、研究室から持って帰ったら、三男がオレも読みたいってなったんですけど、次男からもおかあちゃんからも小2には無理って言われて、むくれちゃったと。

で、何かいいマンガない?ってオクサンに聞かれたので、じゃあおとうさんが小1の時に夢中になった「ジャングル大帝」を読みたまへということになった次第。

 

オクサンによると次男はちょいちょい「ひゃっ」とか言いながら読み進めており、「なんで俺これ読みたいって言っちゃったんだろう…」って言いながら出かけたりしてる模様(笑)。

三男は今日読み始めて、最初のうちはまだ面白いか分からないって言ってたんですが、夜寝る前にはもうちょっと読んでから…とか言うくらいにはハマってきてました。

 

そしてそれを見て長男が「往年の名作マンガを与えてるんだ」とちょっとにやにやしながら言ってるウチって割といいんじゃないかなと思いました。

 

あとはみんなで「いだてん」見たり三男と将棋したりでした。

雨の日曜日、ポケセンでポケカ

今日の東京はあいにくの雨。になることが前日から分かってたこともあり、また、次男は小学校の同級生の家でお好み焼きパーティに行ってしまうこともあり、とうちゃんと三男と池袋のポケモンセンターへ。

今日はポケモンカードゲームのフリーバトルができる日だったので、三男は存分に7、8戦して、とうちゃんは時々様子見ながら本読んだりスマホで調べものしたりして過ごしました。

夜は家族で「いだてん」観たり、三男と将棋したり、でした。

小学校のお餅つき&ポケGOの日

今日は午前中、次男と三男の通う小学校で、6年生の卒業を祝うお餅つき会でした。

学校主催の行事ではなく、青少年対策委員会っていう地域の団体(?)とPTAや親父の会が運営するもので、6年生に自分たちでお餅をついて、丸めて、食べてもらうことを通じて(ちょっと気が早いですが)卒業を祝う、みたいな趣旨の行事です。

長男の時もあったんですが、たしか仕事で行けなかったので初参加。

幼稚園の時とは違って、段取りは事前に参加表明してたおかあさんおとうさんたちがすっかりやってくれてて、今日普通に行った我々は子供たちが楽しそうに餅つきするのを写真撮ったりして、出来上がったおもちと、別途お母さんたちが作ってくれた豚汁を、いただくだけ。

全部体育館で(6年生とその家族のみ参加で)やるんですが、次男たちはもちろんクラスの仲間と一緒に食べるので、自分と三男とオクサンはちょっと離れたとこでおいしいねえ言いながら食べて帰って来ました。

小6が全員でつくので、大人がついてあげる必要はほとんどないんですが、三男は「俺もつきたーい」って言いながら見てたのでつかせてもらって大満足でした。

 午後は、三男と井の頭公園で久しぶりにたっぷりポケモンGO。今日はソフトバンクスペシャルウイークエンドと、ラティアス登場のレイドウイークエンドと、これはウチだけですが、ふしぎなはこ初使用と、イベント盛りだくさん。ラティアスレイドは3回できて高個体も取れて、ふしぎなはこからは色違いメルタンもゲット出来てメルメタルまで進化、アンノーンもSとB両方獲れて、三男ほっくほくでした。ポケモンGOやってない人には何が何だかって文章だと思いますが、詳しくはググってください。

次男三男のピアノ発表会

今日は次男三男のピアノ発表会。個人レッスンの先生たち何人かの教え子が合同で参加する形。1年半ぶりくらいの参加でしょうか。

もうすぐ小学校卒業の次男は中学校ではスポーツ系の部活やりたいらしいので、多分今回が最後。ショパンの「革命」というなかなか有名な難曲にチャレンジ。

ピアノの先生してるお義母さんが直前合宿やーと数日前から泊まりに来てくれたので、ばっちり仕上がり、男子だってだけで目立つ中で、小学生最後の順番での演奏をカッコよく決めてくれました。前回の発表会同様、演奏終了後客席がちょっとどよめいて、動画撮ってた親父的には鼻高々でした。

三男も「いいことがありそう!」っていう練習曲を楽しくさくっと決めました。

最後は参加者全員で順番につないでいく「くるみ割り人形」。三男が朗読し、おばあちゃんと次男が連弾。これも余裕できれいに演奏。楽しい発表会でした。

ガチで何かを目指すとかじゃなく、楽しくピアノが好きになってくれればいいねってことで始めたわけですが、(早くもめんどくさいめんどくさい言ってる三男と違って)次男に関してはばっちり狙い通りでした。

これくらい弾けるようになってれば、いつでもその気になればそこそこ弾けるよねってことみたいで、友達に誘われてちょっとバンドのキーボードを、とかも余裕だねと。大きなモテ要素を手にした感じですね(笑)。

次男本人は相当緊張してたみたいで、発表会終了後、新宿の高野のバイキングでごちそう食べてるときの達成感と解放感全開ぶりがかわいかったです。

f:id:hrhtm1970:20190217215652j:plain

 

次世代ワールドホビーフェアでひたすらポケカ

 今日は三男と、この土日に幕張メッセで開かれた次世代ワールドホビーフェアへ。

https://www.whobby.com/

 先々週参加した大会の優勝者があばれる君と対戦できるイベントもここで行われるということで、三男のお目当てはもちろんポケカバトル。
 子ども同士で対戦して、勝つとくじが引けて、3分の1から4分の1くらいの確率で当選するとジムリーダー(にコスプレしたポケカの上手な人たち)と対戦できるという仕組み。負けたりくじが外れたりしたらまた待機列に並び直します。

https://www.pokemon-card.com/info/2019/20190111_001575.html

 朝7時半ごろ家を出て、9時半ごろ会場に着いて、9時45分ごろ入場して、ポケカジムに並んで、初戦が始められたのが10時20分くらいだったでしょうか。思った以上に大きなイベントで、午前中でこの混雑だと午後は大変なことに…と思ってたんですが、ちびっ子対象の大イベントは、午後には落ち着き始める…!ということを学習しました。実際午後は並び直した時の待ち時間が15分以内でした。
 たしかに小学校低学年の子や未就学児を連れて朝9時に始まるイベントに来て、しかも昼食を会場内では取れずいったん会場を出て再入場しないといけないってなったらたいていの家はもう午前中で切り上げちゃいますよね。
 ウチはお昼前にいったん会場を出て、幕張メッセ内のコンビニでおにぎり食べて速攻で戻って、あばれる君のステージイベント(13時からと15時からの2回あって、1回目が会場に来た子のうち、あばれる君が指名した一人とあばれる君が対戦、2回目が先々週のイベントで優勝した子とあばれる君が対戦)の1回目を見て、あとずっとバトル。
 計7戦して、全部相手は高学年の子でしたが、4勝。ウチの子、小2にしては割と強いのでは?と思いました。
 ジムリーダーとも1回バトルできました。
 

 相手はカスミ。みずデッキだったので、かみなりデッキの三男有利。だったんですが、さすがにジムリーダー、強かったようです。両者、サイドが2枚ずつってとこまで行く接戦の末、敗れました。
 去年か一昨年まで熱中してたベイブレードや、大好きだった妖怪ウォッチ、今も大好きなドラえもんなどのブースにも目もくれず、10時前から15時半までひたすらポケカに熱中できて大満足だったようです。おやつも駅で買ったピュレグミを電車内で食べるだけで、2時間近くかけて帰宅しました。