宮本大人のミヤモメモ(続)

漫画史研究者の日常雑記。はてなダイアリーのサービス停止に伴いこちらに移転。はてなダイアリーでのエントリもそのまま残っています。

『江口寿史 KING OF POP Side B』刊行されました!

 2015年10月から16年2月にかけて明治大学米沢嘉博記念図書館で開かれた「江口寿史展 KING OF POP Side B」(写真撮影フリーだった展示の感想ツイートのまとめはこちら。 http://togetter.com/li/886025 )を書籍化した『江口寿史 KING OF POP Side B』が、10月25日、青土社から発売になりました!

江口寿史 KING OF POP Side B

江口寿史 KING OF POP Side B

 展示のキュレーションをさせてもらった私が、そのまま編者をさせていただいて、コンパクトな展示空間に頭おかしいんじゃないかってくらいギチギチに詰め込んだ高密度展示を、その高密度感のまま、A5判144ページのコンパクトな本の中に再現した本になっております。

小・中学時代の落書きノート、デビュー当時のマンガから「パイレーツ」「ひばりくん」などの貴重な原画に加え、初出誌や関連資料を多く用いて、それぞれの仕事が置かれた時代の文脈を明らかにする。マンガ家・江口寿史の軌跡をたどる、ファン必読の一冊。


【目次】

第1章 それは『ジャンプ』からはじまった
第2章 ひばりくんと白いワニ
第3章 時代の気分を<編集>する
第4章 This is Rock! 音楽と江口寿史

おまけ 江口寿史による江口寿史年代記

 とんぼの本シリーズやふくろうの本シリーズのように、この種のコンパクトなオールカラーのビジュアル本はたくさん先例がありますが、この高密度ぶりはちょっと見たことがないのではと思います。
 私が全ページ、インデザインで、各ページにどの図版とどの解説テキストがそれぞれどういう大きさ・位置で入るかレイアウトしたものをもとに、デザイナーの川名潤さんが、「こ、これがデザイナーの…力…っ!」と驚かされる仕事ぶりで、これぞまさに「ポップ」というべき本に仕上げてくれました。
 表紙は江口さんが、この本の内容にふさわしいイラストって結局どんなんだ…?っていう難問に、「3頭身じゃない先ちゃん」という見事な解答を出してくださいました。そう、全部この人が生み出してきたものなんです。
 まえがきで江口さんも書かれてるんですが、「パイレーツ」や「ひばりくん」直撃世代は「その後」の仕事をフォローできていないことが多く、また逆に近年のイラスト仕事で江口さんを知った若い世代はマンガ家江口寿史のすごさを知らないという状況がある中、デビュー前から今日に至る、江口さんの仕事の歩みをたどることのできるガイドブックになっているのではないかと思います。
 基本的には仕事を歴史順にたどっているのですが、4章は音楽との関わりという切り口で江口さんの仕事を通覧しなおすということをしていて、江口さんのディープなファンのみなさんにも楽しんでいただけるのではないかと思っています。
 去年出た画集と今年の初めに出たユリイカの総特集江口寿史と合わせて読んで・見て・いただければ、江口寿史の仕事の広がりとその意味が、ほぼ見渡せると思います。


 刊行を記念してたくさんのサイン会、そして私も登壇するトークイベントなどが用意されています。
 青土社のサイトにイベント情報のまとめページがありますので、そちらをチェックしていただければと思います。


http://www.seidosha.co.jp/topics/index.php?id=52&year=2016


 また、アマゾンで買いたくないよーという方は青土社のサイトから各ネット書店へのリンクがまとめられています。


http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=2979


 担当編集者の(F)さんは、微に入り細にわたる校閲作業を粘り強く行うと同時に、江口さんの原稿を待つという高難度なタスク(笑)をこなしてくださいましたし、デザイナーの川名さんは上でも触れたように煩雑極まる作業を見事に遂行してくださいました。そして江口さんは、私の作業に一切口出しせず、素晴らしい表紙と(編者にとっては)感動的なまえがきをくださいました。


 …てことは、これでこの本売れなかったら完全に俺の責任じゃん…!ってこないだ気付いて膝ガクガクしたんですが、今はもう俎板の上の鯉の心境で、みなさんのご感想を待つばかりです。とりあえず、手に取ってぱらぱら見てもらえればありがたいです!
 よろしくお願いします!

新しい論文のお知らせ

私の論文が掲載された明治大学国際日本学部の紀要が発行されました。
下記のページにPDFが掲載されています。
昭和16年に帷子ススムが描いた作品を掘り下げた論文です。
宮本大人「河を下ったその先に-『子ぐまの兄弟』(1941)が示す別の成長の(不)可能性-」


https://www.meiji.ac.jp/nippon/6t5h7p00000ifucc.html


この論文の前提として、
昭和戦前・戦中期の子供向け物語漫画における「成長」の描かれ方の変遷を述べたこちらの論文も、
未読でしたらぜひ。
「戦争と「成長」-児童読物統制下の子供向け物語漫画におけるキャラクター描写-」


https://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/bitstream/10291/20654/1/kokusainihongaku_10_1_29.pdf


昨年、川崎市市民ミュージアムで開かれた
のらくろであります! 田河水泡と子供マンガの遊園地〈ワンダーランド〉」展の図録に
収録された論文
「人のような動物たち-擬人化動物漫画の中の『のらくろ』」も
この二つの論文とリンクしたものなので、ぜひぜひ。

https://kawasaki-museum.jp/publishing/


9期生のみなさん卒業おめでとうございます

明治大学は今年、新型コロナウィルスの感染拡大防止のために、全学の卒業式、および学部ごとの学位記授与式をともに中止し、学位記は郵送、または指定の候補日時に各学部の事務室で配布、という形になりました。

 

ミヤモトゼミ9期生は、今日ちょうど全員合わせられる時間に学位記の受け取りに来ることができたので、いわゆる3条件がそろわないよう、中野キャンパスの屋外で卒論集を渡したり、ちょっと卒業にあたってのお話をしたり、集合写真を撮ったりしました。

例年と違ってイレギュラーな形になりましたし、式典後の夜の打ち上げ&カラオケオールなどもなく、短時間のお祝いになりましたが、10期生もお祝いに来てくれましたし、これはこれで何年経っても鮮明に思いだせる特別な日になったなと、思っています。

 

f:id:hrhtm1970:20200325141752j:plain

f:id:hrhtm1970:20200325143830j:plain

f:id:hrhtm1970:20200325144436j:plain

9期生は4期生と同じ23名という宮本ゼミ史上最大規模でスタートしたものの、どんどん離脱者が出て(国際日本学部はゼミ必修じゃないのでやめても卒業に影響しません)、最終的に14名になってしまったのですが、めっちゃ仲いい!っていうんでもないけどやめずに残ったメンツとしての独得の空気感は共有されていて、それはそれでウチのゼミっぽさがあって、結構よかったなと思ってます。

ゼミブログの「卒業にあたって」シリーズを読んでもらえると、その辺が分かってもらえるのではないかと思います。

 

http://blogmimimmi.blog.fc2.com/blog-category-12.html

 

卒論集(5月のコミティアで販売予定、なんですが、コミティア自体開催されるのか微妙)の前書きに書いたんですけど、今の新型コロナウィルスによる先行き不透明な感じって、多分これからの時代の基調みたいなものになっていく気もするんですよね。というか、本当はいつの時代でも人間が生きている世界には、普段あまり意識していなくても不透明な部分はいっぱいあって、それは不安の源でもあるし、未知なものへの好奇心を誘うものでもあると思うんです。

そういう世界の中の不透明な部分への感度を上げて、霧の中を少しずつ手探りで進んでいくような力っていうのが、ゼミで身に着けてほしかった力でもあるので、卒業生たちもみんなそれをある程度持って社会に出て行ってくれると思っています。

卒業生のみなさんのこの先の人生が、霧の中に自分で道しるべを立てられるものであり、また明かりを貸してくれる誰かの多いものであることを願っています。

ご卒業おめでとうございました!

2019年度・宮本ゼミ卒論発表会について

明治大学国際日本学部・宮本大人ゼミナールでは下記の要領で卒論発表会を行います。

学外の方の来聴も歓迎します。入退室自由です。

 

日時:2月1日(土)10時00分~18時20分

場所:明治大学中野キャンパス高層棟3階310教室

【発表予定】
10時00分~10時30分:樋口瑠奈
 『シュガシュガルーン』の漫画的表現について
10時30分~11時00分:楊 帆
 なぜジャニーズの人気が何十年も続いているのか
11時00分~11時30分:太田勢也
 ゲーム実況動画はどのように多様化しているか
レインボーシックスシージとコールオブデューティを例として―
11時30分~12時00分:久保裕子
 安野モヨコ作品のジャンルによる描き分け

13時00分~13時30分:清水研矢
 アイドル楽曲のジャンル多様化と影響
13時30分~14時00分:古田加奈
 川原泉作品における「日常的な人間らしさを持った」少年とは~大島弓子との比較から~
14時00分~14時30分:松木穂高
 『アイカツ!』からみるジェンダーステレオタイプ

14時40分~15時10分:堀内泉美
 『累』論
15時10分~15時40分:奥山悠太
 日本の総合格闘技のメディアでの取り上げられ方はどのように変化してきたか
15時40分~16時10分:岡田明峰
 『NARUTO』とアメリカ忍者映画の忍者像の関係論

16時20分~16時50分:原 千尋
 プロ野球球団の女性ファン向け施策について
16時50分~17時20分:林 茉紀
 ヤマシタトモコの作品において、少女・女性キャラクターの〈内面〉描写と行動から何が読み取れるか
17時20分~17時50分:谷口友美
 〈応援上映〉において登場人物と観客はどのような関係か
17時50分~18時20分:牧内響太郎
 米津玄師/ハチ論―背景と楽曲の変化を中心に―

 

f:id:hrhtm1970:20200117214708j:plain 

 

 

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

2019年度はゼミ以外は研究に専念していい特別研究期間(いわゆるサバティカル)をいただいて楽しみにしてたんですが、ふたを開けて見ると30代後半から40代前半の心身の疲れの蓄積と加齢に伴う衰えからか、思っていたほど体も頭も働かず、当初やろうと思っていたことの半分もできそうにないまま(一応論文は5本書いて、2本はすでに世に出て残り3本は今年の春に出る予定ですが、もとはこれの倍以上書くつもりでした)、もう4月からの年度のことを考えなければならなくなり始めました。

川崎市市民ミュージアムの件のような、気が滅入る出来事もありましたし、すでにいろいろな社会的しがらみの中で生きるほかないアラフィフが、「研究に専念」するのは相当の「断る力」が必要で、今の自分にはそれが足りない、そしてもちろん院生のころのような全部引き受けて全部やったらぁというような気力体力もない、ということを痛感する2019年でした。

宮崎駿の「風立ちぬ」の中で、カプローニ先生が「創造的人生の持ち時間は10年だ」と何度も主人公をたきつけるように言うのですが、自分にとってのその10年はとっくに終わっているという事実を、分かっていたつもりではあったのですがまざまざと実感した次第です。

2020年は50歳になります。創造的人生の持ち時間が終わった後もなお、何らかの独創性のある仕事を続けるための自分なりのペースを、見つけられる一年にしたいなあと思っています。

#オクサンの地元のお雑煮と俺の地元のお雑煮

#帰省はしてません

#初詣は井之頭弁財天

#おみくじは吉でした

#あと、元日にボウリング行ったら多分高校生の時以来のスコア170超えが出ていい気分でした

#お正月のぴっち

f:id:hrhtm1970:20200102232306j:plain

f:id:hrhtm1970:20200102232322j:plain

f:id:hrhtm1970:20200102232340j:plain

f:id:hrhtm1970:20200102232354j:plain

 

川崎市市民ミュージアムの件で話し合いをしてきました

台風による浸水被害を受けた川崎市市民ミュージアムについて、有志で文書を出した件

hrhtm1970.hatenablog.com

および、それに対する返信があった旨

hrhtm1970.hatenablog.com

 

につきまして、すでにご報告した通りですが、日程調整の結果、今日、私、細萱敦さん、佐々木果さんの3名で、川崎市市民ミュージアムを担当する市民文化局市民文化振興室にうかがい、文化施設担当課長の永石さん、同じく文化施設担当の藤堂さん、ミュージアム館長の大野さん、学芸部門長の佐藤さんとお話をしてきました。

まず、ミュージアムの現況の情報発信については、市から近々報道発表を行う方向で調整中なので、もう少し待ってほしいとのことでした。

→【追記】12月5日に報道発表があり、市のサイトに詳細な報告のPDFが掲載され、これをもとにしてNHKと日経と朝日に記事が出ています。

 

市のサイト掲載のPDF

http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/cmsfiles/contents/0000112/112818/kawasakicitymuseumtypoon19.pdf

NHK

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20191205/1000041100.html

日経新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53008260V01C19A2L82000/

朝日新聞 

https://www.asahi.com/articles/ASMD55FY4MD5ULOB00P.html

情報の出し方については、反省している点もあるが、基本的には様々な方面への配慮が必要であるため慎重に対応しているということでした。

私たちとしては、

・専門知識を持った集団として、復旧活動に協力したいと考えている
・協力するためには、現状の説明と今後の活動方針・計画を知りたい
・その説明を踏まえた上で、我々のできることを提示したい

ということをお伝えしました。それに対して、まだ公表はしない前提で、ある程度現状についてのご説明をいただきました。永石さん、大野さん、佐藤さん、それぞれのお立場で今話せることをお話しくださったと思います。

それを踏まえて、さしあたり私たちがお手伝いできることがあるとすればこういったことでしょうかといったお話もさせてもらいました。

具体的なことがまだお伝え出来なくて申し訳ないのですが、現場で作業に当たられているみなさんは大変な作業環境の中、本当に頑張っておられるということが分かりましたし、今すでに情報が出ている通り、全国美術館会議から派遣されたボランティアスタッフのみなさんが現場で作業に当たられるようになっていたり、搬出した資料を保存するためのプレハブをミュージアム敷地内に建て、冷凍コンテナを用意するなどの、具体的な進捗も見えるようになってきていますので、市からの報道発表をお待ちいただければと思います(*上にリンクを追記しました)。

私たちも、依頼があればすぐ動けるよう準備をし、報告できることについては報告していきますので、引き続きミュージアムの状況を見守っていただければと思います。

川崎市市民ミュージアムから返信がありました

台風による浸水被害を受けた川崎市市民ミュージアムについて、有志で文書を出した件は、先日ご報告しました。

hrhtm1970.hatenablog.com

この文書に対する返信を、昨夜(11月25日夜)、川崎市市民ミュージアムの学芸部門長佐藤美子さんからメールでいただきました。

館長あてに出した文書でしたので、館長の言葉もいただきたかったのですが、おそらく現場の責任者ということで学芸部門長が返信してくださったのだと思います。

早速、文書に名を連ねている有志に共有し、私の方から佐藤さんにお礼のメールをし、その中で、こちらで返信があった旨報告させていただくことも記させてもらいました。

 

文書の中でお願いした、「1.漫画関連資料の被害状況、およびその救出・修復の方針・方策・実施状況について、積極的・定期的な情報発信をお願いしたいこと」については、来週、市からの報道発表が予定されているとのことでした。

今週じゃなくて来週なのか…とは思いますが、詳報が出るものと期待して待つしかないと思います。メールによると、作業環境が厳しいことから思うようには作業がはかどっていないとのことです。

 

「2.私たちは、被害を受けた資料の救出・修復に関する支援のご依頼をいただければ、速やかに、私たちの持つ知見・人的ネットワーク、所属機関の有するノウハウ等を活かして、できる限りの支援をさせていただく準備をしていること。」については、「一度ご来館いただき、打合せなどをさせていただければと思います」とのことでした。これはありがたい回答です。

早速日程を調整し、打ち合わせにうかがえればと思っています。

今後動きがありましたら、また随時報告させていただきます。

なお、このたびの文書提出につきましては、朝日新聞美術手帖のサイトで記事にして下さいました。ありがとうございました。

https://www.asahi.com/articles/ASMCM4SRCMCMUCVL01L.html

https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/20926

また、昨日開会した川崎市議会では市長がミュージアムの浸水被害について陳謝したとのことです。

https://www.kanaloco.jp/article/entry-211082.html

私たちの文書は市長あてにも提出していますが、市長からの返信は今のところありません。ミュージアムからの回答があったことで、別途市長からの返信というのはないのかもしれませんが、来週の報道発表がそれにあたるものと考えて待ちたいと思います。